兵庫県舞踊文化協会

アクセスカウンタ

zoom RSS 平成28年度 普及研修旅行「丹波篠山〜兵庫陶芸美術館」

<<   作成日時 : 2017/01/08 13:34   >>

トラックバック 0 / コメント 0

画像11月24日(木)8時過ぎ、湊川神社前に集合。東京では季節外れの初雪を観測という急な寒さの中でしたが、明け方までの雨もやみ、8時20分、バスは35名を乗せて出発しました。
 花柳五三輔普及研修部長のあいさつではじまり、赤松Pでの休憩の後、立杭陶の郷へ到着。絵付け体験では、お皿やお湯のみに思い思いの絵や文字を描きました。「わぁーお上手!!」「もう〜絵心無いからぁ・・・」と賑やかなひとときの後、丹波立杭焼伝統産業会館を見学したり、窯元横丁でお買い物をしたりしました。そのまま昼食かと思いきや
「JA丹波ささやま味士里館」でまたまたお買い物!!地元の野菜やお米、パンにお菓子に民芸品に・・・と日頃のスーパーでお買い物をしているようで大笑い。お腹も空たところで丹波相原(かいばら)へ向かい、「三友樓」で女将さんのお話しに耳を傾けながら「丹波四季膳」を頂きました。松茸や栗などがシーズン外れで食べることが出来なかったのは、少し残念でしたが、鹿・鴨・子持鮎・山の芋・黒豆湯葉・黒豆・紫黒米など地元の幸を堪能しました。
 食後、柏原城下町を散策。女将さんから柏原が織田家ゆかりの城下町と聞いてびっくりした方も多く近くの「織田神社」や「大ケヤキ 木の根橋」を訪ねました。バスから、「柏原藩陣屋跡」「長屋門」などを見ながら次の見学地「兵庫陶芸美術館」へ。
 「セラミック・ジャパン〜陶磁器でたどる日本のモダン」と題した陶磁器を鑑賞。明治維新から第二次世界大戦までの約70年間にデザインされた160点あまりの作品の魅力に触れました。
 陽が西に傾きかけた頃、バスは帰路に。無事に神戸湊川神社に着いた頃にはすっかりくらくなっており、お疲れ様でしたの声と共にお土産をもって家路につきました。お世話をいただきましたみなさま、本当にありがとうございました。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

平成28年度 普及研修旅行「丹波篠山&#12316;兵庫陶芸美術館」 兵庫県舞踊文化協会/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる