第8回 藤の妃会 ご案内

image.png
昨年3月に予定しておりました「第8回 藤の妃会 日本舞踊公演」2度の延期を経てこの度上記の通り 開催させていただく運びとなりました。

温かく応援してくださる皆様のお陰と心より感謝申し上げます。

『この公演を目標に』一門ただその一心でここまで参りました。
2年、変わらぬ気持ちでお稽古を積んでくれているお弟子さんたちには頭が下がる思いです。

会場も「大ホール」に、新たな演目、出演者も増え番組やチラシも新しく出来上がりました。

ご多忙の事とは存じますが、ご高覧賜りたく
謹んでご案内申し上げます。

舞台に、客席に、ロビーに笑顔がほころびます様に。

お運びをお待ちしております。

第8回 藤の妃会 日本舞踊公演
令和3年5月1日(土)11時開演
兵庫県立芸術文化センター・大ホール

*ご観覧には、感染予防対策により、お名前とご連絡先を記入して頂く「入場整理券」が必要となります。
入場整理券をご希望の方は、お問い合わせくださいませ。
お問合せ  藤の妃会 藤間晃妃 kayokouki@mac.com

第16回凰月会 無事千秋楽

_20210219_043409.JPG

御礼

 新型コロナウィルスでお客様のご来場が心配されましたが、おかげさまでたくさんの皆様にお越しいただき、無事に第16回凰月会の千秋楽を迎えることができました。
 「感謝」のほか言葉がございません。
 ご来場の皆様をはじめ、ご後援 ご協賛頂きました皆様、多くの関係者の方々に感謝申し上げます。
誠にありがとうございました。
花柳伊奈輔
凰月会一同

花柳 伊奈輔 凰月会のご案内


IMG.jpgIMG_0001.jpgIMG_0002.jpgIMG_0003.jpg
寒中お見舞い申し上げます。

コロナ禍で新しい日常の中 皆様におかれましては不安と隣り合わせの日々、お見舞い申し上げます。

来る二月十一日(祝) 神戸文化ホールにおきまして 『花柳伊奈輔・凰月会(ほうげつかい)』が開催されますのでここにご案内申し上げます。

(上記の仮番組はクリックで拡大してご覧いただけます。)

三部構成で 会主は「神田祭」と特別出演・花柳五三輔共演にて「高砂丹前」の、二題でしめくくられます。


コロナ予防対策を徹底的に講じておりますので、お手数並びにご協力をお願い致すこともございますが、
是非お誘い合わせの上ご来場賜り、春花の先取り舞台をお楽しみいただけますようお待ち申し上げております。


とき   令和3年2月11日(祝) 午前10時半開演
ところ  神戸文化ホール・大ホール (神戸市営地下鉄 大倉山駅下車)

お問い合わせ先  凰月会事務局 TEL078(581)6336

祥の会 無事に千秋楽


IMG_3662[587].PNG

12月9日、「祥の会」無事に千穐楽を迎えることができました。
このようなコロナ禍にありながらも、ご来場賜りまして誠にありがとうございました。

皆様にご心配をいただきながらも、無事に勤めることができましたこと、大変ありがたく、うれしく思います。

「祥の会」の二演目につきましては、収録しました映像を編集の上、youtubeにて配信予定でございます。
少しお時間かかるかと存じますが、チャンネル登録していただけますと嬉しいです。

また、舞踊文化協会理事の、花柳五三輔先生、若柳吉金吾先生、藤間莉佳子先生による、鼎談を収録させていただきました。
併せてご覧いただけますと幸いです。

これからも「一生懸命」頑張りたいと思います。
皆様におかれましては、なお一層のご指導ご鞭撻を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

youtube 花柳知香之祥チャンネル
https://youtu.be/hVeQZXi-j7g

祥の会 リサイタル公演 ご案内

IMG.jpgIMG_0001.jpgIMG_0002.jpg

IMG_0003.jpg

来る12月9日(水)神戸文化ホール 中ホールにて、「祥の会」が開催なされます。
 コロナ禍で催しも自粛せざるを得なくなりましたが、動画配信という手段でも、舞台に親しんでいただける工夫はないか…との熱い思いから、日々状況の変わる中席数に制限などありますが、感染対策を講じての開催となります。
 何かとご不便をおかけすることもあるとは存じますが、何卒皆様のご来場をお待ちしております。

お問合せ先 花柳 知香之祥
      メールアドレス chikanosyou4221@yahoo.co.jp

秋冷のころとなりました


兵舞協たよりより、役員の先生方によります日舞との関わりを、廻灯篭コーナーで記事に掲載頂いております中から 今回は第6号記事より抜粋掲載させていただきます。

折々の思い出話をお楽しみください。

IMG_0001.jpg

つながろうアート!に参加しました

秋の名月が美しく鑑賞できるころとなりました。
 本年度はコロナ禍において行事を自粛せざるを得ない状況ですが、県芸術文化会議(以下、県芸文)の県民アーティストサロンの呼びかけで、各団体が動画サイトでお楽しみいただける企画を打診くださり、兵舞協からも二本の動画で参加させていただきました。
 ひとつは恒例の県公館での、伝統文化体験フェスティバルのワークショップを再現し、もうひとつは、日本舞踊の愉しみと題し、鑑賞の楽しさをお伝えする動画となっております。
こちらから画像にお進みいただけない場合は、「つながろうアート」検索をお試しください。
https://www.youtube.com/watch?v=bU3xjyh-4Vc

https://www.youtube.com/watch?v=VCBCNTAFHUw

旭叟の会 千秋楽

1603414781764.jpg
 秋冷の候
 みなさまには、ますますご健勝のこととお慶び申し上げます。
 このたびの「旭叟の会」には、コロナ禍でおでかけにくいところ、ご高覧いただき、また、ご厚志をたまわりまして誠にありがとうございました。心より御礼申し上げます。
 本当に開催できるのか、こんな時に大丈夫なのかと、ずっと気にかかる日々でございました。普段とは違う形での開催でございましたので、不行き届きのことも多々ありましたことと、お詫び申し上げます。

 今後ともよりいっそう努力いたしてまいりますので、ご教導・ご鞭撻のほど、よろしくお願いいたします。

 時節柄、御身ご自愛くださいませ。

令和2年 神無月吉日 
                               花柳 旭叟

花柳 旭叟 リサイタルご案内

IMG.jpg
ようやく秋の訪れを覚えるころとなりました。
来る10月18日(日)国立文楽劇場におきまして、花柳旭叟主催・旭叟の会が開催されます。
この度は二部にわたるリサイタル公演にて、第一部は文化庁芸術祭参加公演として 長唄 傾城道成寺(花柳 與 振付)、長唄 西遊記(花柳 與 振付)の二題を、
また第二部には故・花柳吉叟師を偲び、長唄 木賊刈(特別出演 花柳 與)、長唄 時雨西行 (特別出演 花柳 五三輔)両師に華を添えていただき二題を上演されます。

 コロナ対策にも十分な配慮を期すため、指定席であるなど通常より制約の多い中ですが、何卒ご声援賜りますようお願い申し上げます。

とき:令和2年10月18日(日)13時開演

ところ:大阪 国立文楽劇場 大劇場

お問合せ:旭叟後援会 ℡ 06-6779-3872

下記の様な感染対策を伴いますので、お手数をおかけすることになりますが、ご理解とご協力を賜りますようお願い申し上げます。

IMG_0001.jpg

緊急ご案内:体験フェスティバル中止

今般、新型コロナ肺炎に関し、主催者の判断により、3月7.8日の伝統文化体験フェスティバルが残念ながら中止となりました。
楽しみに開催をお待ち頂いておりました皆様には、又の機会にご期待いただきます様、何卒ご理解の程お願い申し上げます。

時節柄、皆様のご健勝をお祈り申し上げます。

謹賀新年

DSC_1997.JPG

1578574889880.jpg


本年も皆様にとり佳き一年でありますようお祈り申し上げます。

新年恒例の総会と懇親会をすませ、本年も各事業が展開されます。



本年も各方面の皆様よろしくお願い申し上げます。

昨年は神戸市より、花柳伊奈輔さんへの文化活動功労賞が授与なされ、兵舞協からもお祝いさせて頂きました。

今年も企画のご案内を是非お楽しみ下さいませ。ご参加心よりお待ちしております。

藤間流 舞勢会公演 無事千秋楽

_20191014_132547.JPG
IMG_0001 (2).jpg

去る10月14日は穏やかな秋晴れのもと、藤間流 舞勢会が無事千秋楽を迎えました。

昨年は芸歴50年を記念しての公演をなされましたが、この度は伝統文化親子教室のお子様方の発表から名取まで、お稽古の成果を発揮なされました。
最年少は二歳からと、若い世代が多くまた舞台裏の手伝いにも精力的に参加されておられました。国内外でご活躍の会主ですが、地域の祭でも意欲的にご一門を引き連れての活動に、客席も地域の皆様の温かい声援で賑わいました。

今後とも益々のご発展をお祈り申し上げます。

お世話になりました関係各方面の皆様に改めてお礼申し上げます。

花柳流 三春の会 無事千秋楽

IMG (3).jpg



さる10月13日は、国立文楽劇場におきまして”花柳三春の会”が開催され、無事に閉幕いたしました。

御来場、ご声援くださいました皆様、スタッフの皆様に心より御礼申し上げます。

第一部は文化庁芸術祭参加のリサイタルで「文屋」と「花ゆかり」二題を演じられ、また第二部では文化庁伝統文化子供教室のお子様方による初舞台や所化を含め、道成寺もの三題や活気ある演目でお稽古の成果が発揮され、温かい雰囲気と熱気溢れる舞台でした。

賛助出演のベテラン勢も格調を添え、 千秋楽となりました。

会の、ますますの発展を祈りつつ、今後ともみなさまの変わらぬご声援を賜りますよう心よりお願い申し上げます。

第68回 ふれあいの祭典 ひょうご 名流舞踊の会 無事千秋楽

_20191007_125649.JPG
恒例のふれあいの祭典「ひょうご名流舞踊の会」が無事千秋楽を迎えました。今回も1500名を越えるご来場を頂き、熱気溢れる会でした。

兵舞協設立70周年を記念し、兵庫県より文化事業貢献への感謝状授与式を幕開けに、いずれも見ごたえのある各流舞踊家による彩り豊かな舞踊の世界が繰り広げられ大きな歓声が舞台に送られました。

翌朝の神戸新聞紙上でも紹介されておりますので、ご覧いただければ幸いです。

満席のご来場、ご声援に改めて御礼申し上げますと共に、関係各方面の皆様ありがとうございました。

次回は、令和二年十月四日に開催されます。

花柳 三春の会  ご案内

IMG.jpg
IMG_0001.jpg
IMG_0002.jpg


秋暑厳しい日が続いております。
来る10月13日(日)は花柳三春主催の舞踊公演が開催されますので、ご案内申し上げます。


第一部は文化庁芸術祭参加リサイタル公演で 清元「文屋」と 大和楽「花ゆかり」二題を、また第二部公演は 川西市・さくらの会より子供の日本舞踊 ほか名取披露「京鹿子娘道成寺」など御一門の演目が展開されます。
賛助出演・寿々洸の「浦島」 寿月延の「柳の若葉」も華を添え千秋楽を迎えます。

と き   令和元年10月13日(日)  午後一時開演

ところ   大阪日本橋・国立文楽劇場

お問い合わせ   花柳 三春  TEL(072)794-9374


暑さ厳しい日が続きます折、どうかご自愛くださいまして、是非お誘いあわせの上ご来場、ご声援賜りますようお願い申し上げます。

藤間流 舞勢会 公演ご案内

IMG_0001.jpg

吹く風に秋の訪れを感じる頃となりました。
この度、十月十四日(月)淡路アソンブレホールにおきまして、舞勢会公演と伝統文化親子教室の発表会が合わせて開催されます。
お子様方からベテランの皆様による研鑽の成果を披露されます。
ご多忙の折と存じますがお誘い合わせの上皆様のご来場心よりお待ち申し上げております。


とき  令和元年10月14日(祝)午後一時開演
ところ 淡路アソンブレホール 入場無料

お問い合わせ先 藤間 舞勢 0799(72)2248

藤間宏輔師 十七回忌追善  豊宏の会 千秋楽 

IMG (5).jpg心地よい秋晴れのなか、国立文楽劇場において、藤間宏輔師追善公演が無事千秋楽を迎えました。
客席は立ち見も多い大入りでした。ご来場誠にありがとうございました。
ロビーにはご生前の師の遺影が美しく飾られ、またプログラム誌面においてはかつての師の芸談が盛り込まれ、演目も故人の想い出深い内容で充実した公演となりました。
 勢いある新名取披露や、会主親子競演などのはつらつとした舞台に、会場も拍手喝采の熱気に包まれました。

御一門のますますのご健勝とご発展を祈念致します。

関係各位の皆様に感謝申し上げます。


第68回 ふれあいの祭典 ひょうご 名流舞踊の会

IMG (2).jpg秋暑お見舞い申し上げます。
来る10月6日(日)は、兵庫県舞踊文化協会主催の第六十八回 ”ひょうご名流舞踊の会” が開催されます。

年に一度のふれあいの祭典の一環ということで、各流舞踊家による、珍しい彩り豊かな舞踊の世界を、迫力ある邦楽の生演奏と共にご堪能ください。

兵舞協設立70年記念の企画、「次代を担う若手舞踊家の躍動」として、長唄「船弁慶」を各流男性舞踊家が披露します。
千秋楽まで全24番をお楽しみください。

ご多用とは存じますが、どうかご声援賜りますよう、ご来場を心よりお待ち申し上げております。


と き ・ 令和元年10月6日 (日) 午前10時半開演
ところ ・ 三宮  国際会館こくさいホール

お問合せ先 兵庫県舞踊文化協会 078-362-7086
        各出演者

藤間流 豊宏の会 ご案内

IMG_0001.jpg来る9月15日は、藤間豊宏主宰 豊宏一門の勉強会が、国立文楽劇場にて開催されます。

この度は会主ご尊父 故・藤間宏輔師十七回忌追善にあたり、かつて恩師の好まれておられた番組を揃えての企画が用意されております。
見所多く御一門の皆様での全16番を催されます。

新しく名披露目も含め、伝承により益々のご発展が期待されます。

趣き豊かな番組をお見逃しなく、是非のご来場お待ち申し上げます。


とき     令和元年9月15日(日)  正午開演

ところ    国立文楽劇場    自由席・七千円

お問い合わせ先    藤間豊宏  TEL 0797-20-8403

日舞のススメ

画像
画像

例年になく真夏のような暑い日でした。5月25日(土)兵庫県公館にて、兵庫県芸術文化協会企画による伝統文化体験教室「日舞のススメ」が行われました。

まず浴衣の着付けが終え、いよいよ扇を手にお扇子の扱い方、立ち座りなどの説明を行いました。きっちりと正座をしてお扇子を前に置き、手をついて「お願いします」のご挨拶からお稽古が始まりました。曲目は「さくら」「七夕」の2曲です。内容は1番の振りを繰り返す形です。会場の和室はゆったりと使え、皆さん落ち着いて真剣にお稽古する事が出来ました。水分補給の休憩の後は、母親チーム子供チームに分かれて踊り、小さな緊張もあってとても良かったと感じました。「ありがとうございました」のご挨拶でお稽古は終わり、最後に浴衣を一緒に畳んで全てが終了しました。参加者のアンケートによりますと、「大変楽しかったです」「日本舞踊を習ってみたいです」の箇所にチェックが有りうれしく思うと同時に良い企画だったと感じました。今回良い勉強と経験をさせて頂きありがとうございました。