アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
兵庫県舞踊文化協会
ブログ紹介
zoom RSS

第65回 ふれあいの祭典 名流舞踊の会

2016/08/30 11:19
画像秋暑お見舞い申し上げます。

さて、来る10月2日(日)は、兵庫県舞踊文化協会主催の第六十五回 ”ひょうご名流舞踊の会” が盛大に開催されます。

年に一度のふれあいの祭典の一環ということで、この度は65回を記念して各流先生方14名による企画演目もあり、珍しい彩り豊かな舞踊の世界をこの機会にご堪能ください。

ご多用とは存じますが、どうかご声援賜りますよう、当日のご来場を心よりお待ち申し上げております。

 ※8月29日付神戸新聞23頁(社会面 神戸新聞の事業ガイド欄)に掲載記事がございますとおり、仮番組に変更がございます。
http://www.kobe-np.co.jp/news/shakai/


と き ・ 平成28年10月2日 (日) 午前9時45分開演
ところ ・ 三宮  国際会館こくさいホール

お問合せ先 兵庫県舞踊文化協会 078−362−7086
        各出演者
記事へトラックバック / コメント


親子体験

2016/05/21 11:46
画像5月14日(土)すがすがしい天気のもと、兵庫県公館和風会議室におきまして「親子体験教室 日舞のススメ」が行われ、6組の親子の方にご参加いただきました。

まず、お母様にお子様の着付けをしていただき、ご自分の着付けをしていただきました。

その後、写真撮影をされて和やかな雰囲気の中、お稽古を始めました。

挨拶の仕方から始まり、お稽古曲「さくらさくら」と「七夕」を踊り、挨拶をしてお稽古を終え、浴衣や帯を畳んでいただいて約2時間の体験教室が終了いたしました。

休憩の合間には稽古で使っている扇子について話しをしました。

着付け、お稽古は真剣に取り組まれ、休憩の合間の話しは熱心に聞いておられました。

日舞の教室で習ってみたい、日舞を観に行きたい、楽しかったのでまた参加したいなどの嬉しい
感想をいただきました。

今回の親子体験教室は3組の方が伝統文化体験フェスティバルで知り参加されたそうです。

日本舞踊に興味を持っていただけた事に嬉しく思っておりますし、また、伝統芸能の和が
広がっていくことを願っております。

最後になりましたが、お世話になりましたスタッフの皆様に感謝申し上げます。

記事へトラックバック / コメント


金鈴会 無事千秋楽

2016/04/26 12:57
画像画像画像










穏やかな春暖のなか、三宮国際会館こくさいホールではたくさんの番組がいずれも熱演で大盛況のうちに千秋楽を迎えました。

御来場、ご声援くださいました皆様に改めて御礼申し上げます。

先代であられる 故・若柳吉童師の十三回忌を偲びロビーは花々に彩られ、宮川町の舞妓さんによるお茶席など会場は金鈴会を盛り上げる趣向で素晴らしい催しとなりました。


想い出のつまった「吉野山」を千秋楽に、 家元 若柳吉蔵丈も 忠信役にて華を添えられました。

家元御長男 若柳亮太「越後獅子」など、若い世代による勢いのある好演も客席から歓声が上がり、 日舞を初めてご覧になられた方もいらっしゃるかと存じますが、バリエーション豊かな内容でお楽しみいただけまして、またご興味を持ってくださいましたら、嬉しいことです。

関係各方面のスタッフの皆様、ありがとうございました。

会の皆様のご健康と益々のご発展を祈念申し上げます。
記事へトラックバック / コメント


藤の妃会 無事千秋楽

2016/04/07 21:37
画像桜の見頃を迎えました。

先日は藤間晃妃主催の舞踊公演「藤の妃会」が第六回をむかえ、兵庫県立芸術文化センター 阪急中ホールにて盛大に開催されました。

開場前から多数のお客様で賑わい、ロビーにも華やかにお祝いの花々が彩りを添え、連休の最終日でしたが日舞の美しい舞台にたくさんのご声援が送られました。

未就学の小さな出演者から新しいお名取披露まで馴れない衣裳付けでの公演でしたが、きっちりとお稽古の成果を発揮なされ、先生方の温かいご指導の心遣いが伝わりました。

藤間京晃・莉佳子両師による千秋楽まで、演目もバラエティ豊かに構成され熱演の一日でした。

会主ご夫妻コンビでの「京人形」もきっちり呼吸のあった清々しいものでした。

多くのご来場に心より厚く御礼申し上げますとともに、若い方々が伝統を継いでいかれますためのご家族や関係者皆様のご尽力、今後共ご支援賜りますようお願い申し上げます。

関係各方面の皆様ありがとうございました。

藤の妃会のますますのご発展をお祈り申し上げます。
記事へトラックバック / コメント


金鈴会 ご案内

2016/03/25 20:24
画像画像画像花の便りが北上し穏やかな日が続いております。

来る4月24日には、若柳流 金鈴会が華やかに開催されます。

この度は会主・若柳吉金吾の先代 故・若柳吉童 十三回忌追善 と冠しての公演で、想い出のつまった「吉野山」を千秋楽までに、振り付け作品ほか全23幕が予定されており、 家元 若柳吉蔵丈も 忠信役にて華を添えられます。

それぞれに趣向の凝らされた迫力ある舞踊公演の一日をこの機会に是非ご堪能ください。

ご多用と存じますが皆様お誘い合わせの上是非のご来場をお待ち申し上げます。

とき   平成28年4月24日(日) 午前11時開演

ところ  神戸国際会館 こくさいホール

お問合せ先  若柳吉金吾 078(341)6832
記事へトラックバック / コメント


伝統文化体験フェスティバル

2016/03/07 17:33
画像画像舞踊協会として第1回から毎年参加をさせていただいております伝統文化体験フェスティバルが、
今年も、3月5〜6日の2日間兵庫県公館において開催されました。

心配されたお天気も、雨が降ることもなく、大変盛況でした。

ステージでもお客様が、満席の中「屋敷娘」をはじめ、子供達による「春が来た」「うれしいひなまつり」「まりと殿様」の4曲と、ワークショップでお稽古する「さくらさくら」を観て頂きました。

春らしい選曲で、藤間 寿々姫さんの舞踊はもちろん、かわいい子供達の踊りに、お客様も静かに魅入って
おられました。

ワークショップは、13:00〜と15:15〜の2回でともに35名前後の方々の参加があり、お部屋が体験希望者でいっぱいになって、とても嬉しかったです。

お扇子の開け閉めも出来なかった子供達も緊張して硬くなっていた人たちも、ごあいさつのおじぎから始まって、振りのお稽古をしているうちに緊張もとけて、終わる頃には、やわらかく良い雰囲気で踊られていました。

最後には、笑顔で「楽しかった」と皆様に言って頂き、とても良かったです。

また5月14日予定の親子体験教室「日舞のススメ」でお会いできることを楽しみにしております。
記事へトラックバック / コメント


藤の妃会 ごあんない

2016/02/27 19:57
画像藤間晃妃主催の舞踊公演「藤の妃会」第六回をむかえ、この度は西宮北口駅近くの、兵庫県立芸術文化センター 阪急中ホールにて開催されます。

この度はかつらや衣装付きの会は初めてとのことですが、5歳からお名取、ベテランの皆様におかれましても、桧舞台での本番に向け、お稽古に励んでおられます。

特別出演に、藤間京晃・藤間莉佳子両師による「青海波」で格調を添えられ、会主は「京人形」のユーモアあふれる作品で華やかな舞台が期待されます。

連休最終日、ご多用とは存じますがぜひお誘い合わせの上、皆様のご来場ご声援をお待ち申し上げております。


と き    平成28年3月21日(月・祝)  午後一時開演

ところ    兵庫県立芸術文化センター  阪急中ホール

お問い合わせ先   藤間晃妃  078−413−8524
記事へトラックバック / コメント


今年も「伝統文化体験フェスティバル」に参加します

2016/02/05 14:08
画像画像画像画像画像画像兵庫県芸術文化協会主催の「伝統文化体験フェスティバル」に今年も参加いたします。

3月5日(土)、6日(日)に12時〜16時まで、兵庫県公館で開催されます。

ステージありワークショップありの盛りだくさんの内容で皆様のお越しをお待ちしております。

5日(土)は13時15分から、
6日(日)は14時30分から1階ステージで協会委員やかわいい子供達のステージが行なわれます。

またワークショップでは、「さくらさくら」を1日に2回お稽古いたします。

この体験フェスティバルで初めて日本舞踊を見たり、初めてお扇子を触ったと毎年多くの方々に喜んでいただいております。


 どうぞ皆様お誘いあわせのうえ、是非お越し下さいませ。
記事へトラックバック / コメント


寒中お見舞い申し上げます

2016/01/08 09:31
画像皆様には新年を迎えますますご健勝のこととお慶び申し上げます。
本年も、兵舞協の活動をお楽しみいただけますようよろしくお願い申し上げます。

兵舞協たよりより、役員の先生方によります日舞との関わりを、廻灯篭コーナーで記事に掲載頂いております中から 今回は第5号記事より抜粋掲載させていただきます。

折々の思い出話をお楽しみください。

昨年兵庫県ともしびの賞を 若柳寿三美(すみはる)師が受賞なさいましたので、ここにご報告申し上げます。
新年総会にて役員一同からお慶びを申し上げました。

末筆ながら、本年が皆様にとり健康で充実した一年でありますようご祈念申し上げます。
記事へトラックバック / コメント


神戸 ビエンナーレ 2015 於・湊川神社 神能殿

2015/10/29 08:57
画像10月25日 神戸湊川神社神能殿に於いて、若柳吉金吾氏が「スキを踊る」と題して、家元若柳吉藏様と共演の舞踊会が開催されました。

義太夫「猩々」・対談「数奇のすがた」・創作「ボレロ」の公演

神戸で開催されている第5回ビエンナ-レに参加の公演です。

吉金吾氏のすべてが現されたような、ユニークな会で、又、客席も、舞妓さんが見学されており華やかな会場と、荘厳な舞台を奏でた、芸術の秋を堪能した舞踊会でした。 
記事へトラックバック / コメント


藤と美会 無事千秋楽

2015/10/13 18:15
画像穏やかな秋空の下、第13回藤と美会が開催されました。

第一回から休まず出演されているベテランから、お稽古始めて間のない初舞台のお子様まで、皆様の熱心なお稽古や支えてくださるご家族の方々の温かい気持ちが伝わる会でした。

会場は地元の方を含め大盛況に賑わっておりました。

ご来場・ご声援誠にありがとうございました。

会の益々のご発展を祈りつつ今後共ご支援のほどお願い申し上げます。

関係各方面の皆様ありがとうございました。
記事へトラックバック / コメント


花柳流 三春の会 無事千秋楽

2015/10/13 12:09
画像さる10月12日は、国立文楽劇場におきまして”花柳三春の会”が開催され、無事に閉幕いたしました。

御来場、ご声援くださいました皆様、スタッフの皆様に心より御礼申し上げます。

第一部は文化庁芸術祭参加のリサイタルで「菊の盃」と「賎の小田巻」二題を重厚に演じられ、また第二部では川西市子供日本舞踊・さくらの会のお子様方による、童謡に合わせての扇子のお稽古や踊りをはじめ、ご出演の皆様のお稽古の成果が発揮され、温かい雰囲気と熱気溢れる舞台でした。

友情出演のベテラン勢も華演にて格調を添え、 千秋楽には、会主と春柏によります 気品高い 「松廼羽衣」が悠玄に好演で幕となりました。

会の、ますますの発展を祈りつつ、今後ともみなさまの変わらぬご声援を賜りますよう心よりお願い申し上げます。
記事へトラックバック / コメント


神戸ビエンナーレ 2015

2015/10/09 12:00
画像神戸ビエンナーレ2015年

まちなかコンサート 和をになう会主催 神戸ビエンナーレ組織委員会共催によります

和をになう会 を10月31日(土)午後1時半より兵庫県公館にて開催致します。

伝統を継承し担っていかれる次世代が心豊かに花を咲かせてほしいと願い、この度は箏曲と共にお楽しみいただけます。

お誘いあわせの上、皆様のご来場をお待ちしております。

入場料は1000円となっておりますが 協会会員の方は、御招待致しますので、受付でお申し出くださいませ。
記事へトラックバック / コメント


第64回名流舞踊の会 千秋楽を迎えました

2015/10/05 18:15
画像画像朝夕は涼しく、虫の音も心地よい頃となりました。

恒例となりました ふれあいの祭典 ひょうご名流舞踊の会が、ご来場1400名あまりを数える大盛況のうちに千秋楽を迎えました。

各流派の若手からベテランに至るまで、舞台の華の競演が繰り広げられます中にも、この度は「伝統舞踊演式の魅力」と冠した企画にて、古典から新振り付け また素踊形式と本衣装付けなど幅広さと奥行きのある日本舞踊の迫力を表現されました。楽屋でも応援の皆様で大変盛り上がり雅な一日でした。

たくさんのご来場ご声援に心より厚く御礼申し上げます。

来年度は第65回の節目を迎えますが、平成28年10月2日(日)  神戸国際会館 国際ホールにて公演を予定いたしております。

今後ともますますのご声援賜りたくお願い申し上げます。

お世話になりましたスタッフの皆様、関係各方面の皆様に改めて御礼申し上げます。
記事へトラックバック / コメント


花柳流 三ツ桜会 無事千秋楽

2015/10/05 17:43
画像さる9月27日神戸新聞社・松方ホールにて花柳芳一主催の舞踊公演が開催されました。

秋晴れのすがすがしい天候に恵まれ、街も賑わう中多数のご来場を賜り、心より御礼申し上げます。

一部番組に変更はありましたが、お稽古の成果を存分に披露なされました。

また応援出演の花柳流舞踊家も会に大きな華を添えられ、格調高い日本舞踊のひとときでした。



お世話になりました関係各方面の皆様、スタッフの皆様に厚く御礼申し上げますとともに

会の皆様のご健康とご発展をお祈り申し上げます。

(写真は、開演前のお清めのスナップです)
記事へトラックバック / コメント


神戸ビエンナーレ2015 まちなかコンサート 

2015/09/27 14:06
画像画像神戸市で、二年に一度開催されます「芸術祭 神戸ビエンナーレ」の一環としてこの度は若柳 吉金吾師が湊川神社・神能殿でご出演なさいます。

義太夫「猩々」・創作「ボレロ」の二題を能舞台で表現されますが、今回のビエンナーレのテーマにSUKIという題材が取り上げられており、対談を通じてどのようなSUKIを曲中に意図しておられるのか、興味深いところであります。

日本語では、好き・隙・空き・鋤・漉き・数寄・透き・梳き・酸きなどなど身近によく用いられる言葉も多く、舞台を通して、多くの感想が受信されることでしょう。
お誘い合わせの上皆様のご来場心よりお待ち申し上げます。

と き  平成27年10月25日(日) 午後二時開演

ところ  神戸 湊川神社 神能殿

入場料 2千円・全自由席

お問い合わせ先  若柳 吉金吾 TEL078(341)6832
記事へトラックバック / コメント


花柳流 叟の会 無事千秋楽

2015/09/27 09:38
画像
花柳 芳美・吉叟を偲ぶ「叟の会」が好天に恵まれ盛況のうち千秋楽を迎えました。

開場前より賑わい、シルバーウィークで行事の多い中、多数のご来場にて、観客席も楽屋も演者も熱気あふれる公演でした。

遠方からも応援が駆けつける中、ロビーに展示された思い出の写真などは 在りし日の元気な舞台姿を思い出しながら食い入るようにご覧になられるお客様が多く懐かしく思われたことでしょう。
画像

公演に際しご尽力賜りました関係各方面の皆様に厚く御礼申し上げます。
記事へトラックバック / コメント


花柳 三春の会  ご案内

2015/09/14 15:39
画像秋暑厳しい日が続いております。
来る10月12日(月・祝)は花柳三春主催の舞踊公演が開催されますので、ここに謹んでご案内申し上げます。


第一部は文化庁芸術祭参加リサイタル公演で 常磐津 「菊の盃」 と 長唄 「賎の小田巻」二題を、

また第二部公演は 川西市・さくらの会より子供の日本舞踊 ほか御一門の演目では名披露目曲「京鹿子娘道成寺」など華やかな舞台が展開されます。


賛助出演・寿々洸の「多摩川」 寿月延の「廓八景」も華を添え、会主と 春柏の「松の羽衣」で千秋楽を迎えます。

と き   平成27年10月12日(月・祝)  午後一時開演

ところ   大阪日本橋・国立文楽劇場

お問い合わせ   花柳 三春  TEL(072)794−9374


暑さ厳しい日が続きます折、どうかご自愛くださいまして、是非ご来場、ご声援賜りますようお願い申し上げます。



記事へトラックバック / コメント


藤と美会 ご案内

2015/09/13 18:52
画像秋らしくなってまいりました。

来る10月12日(月) 藤間 秀姫主催の日本舞踊公演が、神戸市垂水レバンテホールにて開催されます。

第13回を迎えますこの会も、地元の皆様のご支援をうけ、また会主の温かいご指導にてお子様方のイキイキとした舞姿が嬉しい思い出の一日と存じます。

千秋楽は会主によります大和楽「江戸風流」、と子供たちから師範まで全17番からなる舞台を芸術の秋のひととき お誘い合わせの上皆様のご来場心よりお待ち申し上げております。


とき    平成27年10月12日(月)   正午開演

ところ   垂水・レバンテホール

       入場無料(要整理券)


お問い合わせ先   藤間 秀姫   078(707)5717
記事へトラックバック / コメント


64回 ふれあいの祭典 名流舞踊の会

2015/09/03 17:05
画像秋暑お見舞い申し上げます。

さて、来る10月4日(日)は、兵庫県舞踊文化協会主催の第六十四回 ”ひょうご名流舞踊の会” が盛大に開催されます。

年に一度のふれあいの祭典の一環ということで、各流委員の先生方の企画演目もあり、珍しい彩り豊かな舞踊の世界をこの機会にご堪能ください。

ご多用とは存じますが、どうかご声援賜りますよう、当日のご来場
を心よりお待ち申し上げております。

と き ・ 平成27年10月4日 (日) 午前10時30分開演
ところ ・ 三宮  国際会館こくさいホール

お問合せ先 兵庫県舞踊文化協会 078−362−7086
        各出演者
記事へトラックバック / コメント


続きを見る

トップへ

月別リンク

兵庫県舞踊文化協会/BIGLOBEウェブリブログ
[ ]
文字サイズ:       閉じる